カテゴリ:隠れ家のハナシ( 1 )
男の隠れ家
最近、雨が多い。
こんな商売やってるとやっぱり雨には泣かされる。
だから、家中が願掛けの照る照る坊主だらけになっている。

ただ、僕自身は雨の日が嫌いじゃない。
雨の日は空気が澄んでいて、街中がみずみずしい。
自分と周りの空気の間に薄い膜ができたような感覚になって
いつもは気づかない世間の音やモノの気配に気づいたり、
いつもの騒音や景色が違って感じられたりする。
だから考え事をする日は、雨の日のほうがいいと思っている。

今日も雨だなあ。いいなあ。
コーヒー、君も太陽に嫌われてしまったのかい?
などと、開店準備もせず、いたずらにでまかせな感傷にふけっていると電話口から雷が落ちてきたりするので、用心しなければならない。
「な~に~し~て~る~」M女史だ。
お外は雨。お家は雷。なんて事になりかねない。
おそろしい女だ。

雨の日はお客さんの出足もまばら、
そんな日はオレンジサブマリン号は僕の隠れ家になる。
お店の中でじっとコーヒーを飲みながら思索の旅に出掛けるのだ。
すやすや‥
[PR]
by orangesubmarine | 2006-03-24 00:14 | 隠れ家のハナシ